[企画展]

ねこぺちゃ展 2024 in 佐世保

全国初開催!ねこ休み展と鼻ぺちゃ展が夢のコラボ。SNSのスター猫&鼻ぺちゃ犬が大集合する展覧会。
会場限定グッズも1,000点以上が勢ぞろい。心温まる猫たちと、笑いを誘う鼻ぺちゃ犬の魅力を一度にお楽しみください。

●ねこ休み展とは・・・プロ・アマ問わず人気の猫クリエイターが集結する写真展。総フォロワー数は300万人超!!見ているだけでほっこりする作品、眺めているだけでも癒される作品が盛りだくさん♪ SNSで人気を博す新たなスター猫「むぎめし家(@)mugimeshi323」や「にぼしら(@shirasu_nya)」が初登場し、愛猫グッズで話題の「寅ちゃん(@torachanthecat)」なども参加!

●鼻ぺちゃ展とは・・・フレンチブルドッグやボストンテリア、シーズーなどの鼻の短い犬種”鼻ぺちゃ犬”に特化した写真展。生の写真だから伝わる濃密な”ぶひかわいさ”を心行くまで楽しめます♪フレンチブルドッグの「gizmo0321(gizmo0321)」やシーズー漫画が人気の「AUNITEM(@autempo)」は10周年記念展示と限定グッズを発売予定!

●会場限定も勢ぞろい!
会場限定の特別なグッズが多数ラインナップ!猫好きも犬好きも満足の手作りの猫グッズから個性的な犬雑貨まで計1,000点以上が勢ぞろい!さらに、鼻ぺちゃ犬に特化した犬服や、猫を飼っていない方でも楽しめる雑貨も充実!

 

~猫や犬にちなんだワークショップを開催(「ねこぺちゃ展」の入場券をお持ちでない方もご参加いただけます)~

●博物館実習の一環として学生が考案したワークショップを開催!

8月10日(土)14:00~16:00 参加無料!

●世界に一つだけのオリジナルキャンドルを作ろう!

時間10:00~17:00 所要時間 約20分間(お渡しは40分~) 参加費1,650円~(税込) 予定日7月13日(土)~15日(月祝)、20日(土)・21日(日)、27日(土)・28日(日)

※8月の日程は後日更新いたします

 

 

会期
7月13日(土)〜9月1日(日)
開催期間中の休館日はありません
時間
10時〜18時(入館は17時30分まで)
会場
4階展示室、3階展示室
入場料

3才以上 前売券800円 当日券900円

※前売券は7月12日(金)までの販売

チケット

前売券:セブンチケット(セブンコード 106-068)、イープラス、ローチケ(Lコード 84130)、LINE、ララコープ各店舗(一部販売していない店舗もあります)、佐世保市博物館島瀬美術センター内Café Jilbe

当日券:佐世保市博物館島瀬美術センター4階受付、セブンチケット(セブンコード 106-068)、イープラス、ローチケ(Lコード 84130)、LINE、

関連リンク
主催
NIB長崎国際テレビ佐世保市博物館島瀬美術センター((公財)佐世保市博物館島瀬美術センター)
後援
佐世保市教育委員会
企画
株式会社BACON

[企画展]ながさきピース文化祭2025プレイベント

平和への祈りを込めて 山下南風展

 

山下南風(やましたなんぷう)(1917-1995)は長崎の異国情緒溢れる原風景や祭り、歴史の一幕などを多数描き、長崎を代表する世界的に認められている版画家・染色工芸家・切り絵作家であります。切り絵と染めの技法をもとに編み出した「切り絵染」という独自の技法によって古き良き時代の長崎県民の心のよりどころとなるモチーフを、様々な方法で表現してきました。南風が手がけた作品の背後には、時代時代のいろんな人たちの思い出が詰まっています。それぞれの時代の人が、思い思いの方法で「長崎らしさ」を残せれば、それが「誰かの心のよりどころ」になると考え、長崎をテーマに多くの作品を生み続けました。
今回「山下南風美術館」の協力を得て開催する本展は版画、切り絵をはじめとする彼の代表作を網羅した回顧展です。山下南風自身がその生涯の集大成とした長崎の原風景をぜひお楽しみください。版画、切り絵、切り絵染め、革絵などの作品約100点余を展示します。また、会期中はさまざまな関連イベントを予定していますのでみなさまのご来館を心よりお待ちしております。

 

会期中の関連イベント

・「サザエさん」の初代ワカメちゃんの声優野村道子プロデュース 長崎初!マダム・バタフライの故郷をたずねて…鎮西学院と蝶々夫人

日時:7月14日(日)14:00~15:00 1階ロビー

マダム・バタフライを声優が朗読。難解なオペラではなく、声優さんが日本語で朗読するので、物語の世界観がつかめて楽しめます!異人さんとの交流が深かった長崎ならではの物語を知っていただくことで、“平和” についてご一考いただければ幸いです。

出演者:野村道子(トーク)、原さとみ(ソプラノ)、岡坂弘毅(テノール)、中村牧(ピアノ、横浜市磯子区民文化センター館長)、戸松美貴博(肉態舞踏)、秋山泰一(コーディネート、声楽家団体アンフィニ代表)

 

・山下南風美術館福田館長によるプレミアム・ギャラリートーク

日時:7 月 21 日(日)14:30~15:00 2階展示室

山下南風美術館の福田隆一館長が作品解説を行います。

出演者:山下南風美術館 福田 隆一館長(山下南風の次男)

 

・宮崎のおび杉でできた手まわしのオルゴール・コンサート

日時:7月27日(土)14:00~15:00 1階ロビー

宮崎県で樹齢 200 年のおび杉を使った「手まわしオルゴール」で、日本の美しい唱歌とトークをお楽しみいただき、平和について考えていきます。演奏者の松永さんにはお着物で演奏していただきます。

出演者:松永秋子、Seraphim(セラヒム)

 

・音浴博物館プレゼンツレコード・コンサート

日時:8 月 9 日(金)14:00~15:00 1階ロビー

團伊玖磨生誕100周年を記念し、「西海讃歌~佐世保市民に捧ぐ~」をフルでお聴きいただくとともに、祈りの日にふさわしい曲で平和を考えます。

出演者:長田雅英(音浴博物館キュレーター)

 

企画展開催にあたって

長崎県は古くからの日本の海外交流の窓口として栄え異国情緒あふれる建物や原風景が多く残っています。しかし残念ながら戦後70年以上が経過して、そうした長崎の戦前の風景も減少しつつあります。そのような長崎の戦前の異国情緒あふれる原風景や戦前から脈々と続く祭りを描く山下南風氏の版画、切り絵は長崎の独自の文化と平和の価値観を深めているのではないでしょうか。山下南風自身がその生涯の集大成とした長崎の原風景の作品を平和への祈りを込めてと題してこの展覧展を企画いたしました。

山下南風美術館 館長 福田隆一

会期
7月13日(土)〜9月1日(日)
開催期間中の休館日はありません
時間
10時〜18時(入館は17時30分まで)
会場
2階展示室
入場料
  • 一般(高校生以上)500円
  • 中学生250円
  • 小学生以下無料
  • 障害者手帳などをお持ちの方と付き添いの方は無料
主催
山下南風美術館佐世保市博物館島瀬美術センター((公財)佐世保地域文化事業財団)
企画協力
igi

開催中/開催予定はこちら


終了した特別展/企画展/収蔵品展


【企画展】

しまび教室作品展

佐世保市博物館島瀬美術センターでは隔週土曜日に写真教室と水墨画教室、毎週日曜日にデッサン教室を開講しています。今年も受講生による1年間の成果を発表いたします。

会期
2024年3月21日(木)〜3月31日(日)
3月26日(火)休館日
時間
10時〜18時(入館は17時30分まで)
3月31日(日)は16時まで
会場
2階展示室
入場料

無料

主催
佐世保市博物館島瀬美術センター

開催中/開催予定はこちら


終了した特別展/企画展/収蔵品展


【企画展】

あの時決まった写真展 in 佐世保

「西本喜美子写真展~もっと遊ぼかね!~」(会期:令和5年7月15日㈯~9月3日㈰)の関連イベント“西本和民さんによる写真講座”を実施した際、長生きのコツとして西本喜美子さんが語った「趣味をもつ、友だちをもつ、見せる」を実践しようということでイベントに偶然、集まった写真家の人達のご縁を繋げるため、本展を開催することになりました。

内容は風景画以外の写真で、関連イベント“西本和民さんによる写真講座”に出品を希望した写真家20名の方の作品を展示します。

会期
2024年3月13日(水)〜3月18日(月)
開催期間中の休館日はありません
時間
10時〜18時(入館は17時30分まで)
最終日3月18日(月)は16時までの開催
会場
1階フリースペース
入場料

無料

関連リンク
主催
佐世保市博物館島瀬美術センター

開催中/開催予定はこちら


終了した特別展/企画展/収蔵品展


[企画展]

しまび music museum featuring 音浴博物館

~自由を我等に!~

会期
2024年2月23日(金)〜2月28日(水)
2月27日(火) 休館日
時間
10時〜18時(入館は17時30分まで)
会場
1階フリースペース
入場料

無料

主催
佐世保市博物館島瀬美術センター音浴博物館

開催中/開催予定はこちら


終了した特別展/企画展/収蔵品展


[企画展]

世界とつながる佐世保~姉妹都市を知ろう!~

佐世保市の姉妹都市である中国・厦門(アモイ)市、オーストラリア・コフスハーバー市、韓国・坡州(パジュ)市、韓国・釜山広域市西区を紹介する展覧会です。

会期
2024年2月17日(土)〜3月7日(木)
2月20日(火)、2月27日(火)、3月6日(火) 休館日
時間
10時〜18時(入館は17時30分まで)
会場
4階展示室
入場料

無料

主催
佐世保市博物館島瀬美術センター

開催中/開催予定はこちら


終了した特別展/企画展/収蔵品展


【企画展】

させぼピース展

~佐世保から発信する❝協力❞の社会~

ごあいさつ

このたび、「させぼピース展~佐世保から発信する“協力”の社会~」を開催する運びとなりました。長崎にとって8月は祈りの月。世界にとっても忘れてはならない歴史が刻まれた月です。本展では、させぼピース展と題し、佐世保市内で共生社会をつくろうとしている市民の活動を紹介し、平和とは何かを考えていただく展覧会です。

共生社会の実現を目指して活動されている大野隆之氏は、世界100カ国以上を旅した際、各国の歴史や人々のくらし、危機管理について学び、佐世保に帰省後、シェルターを備えた自給自足の暮らしができる“村づくり”を行なっています。彼が撮りためた写真を通じ、世界の現状と佐世保での村づくりの進捗を紹介し、危機管理の重要性と佐世保で目指す協力の社会について知っていただき、“平和”について佐世保から発信します。

会期は88日(火)から815日(火)までで、トークイベントも開催いたします。

8月9日(水)、811日(金・祝)、812日(土)、813日(日)、815日(火)の5回です。原爆、大東亜戦争、教育、少子化、自然災害、感染症、経済危機などをテーマにみなさまと一緒に考えていきます。

ぜひ展覧会をご覧いただき、平和について考えるきっかけとしていただければ幸いです。

 

上の画像のPDFファイルはこちら

会期
2023年8月8日(火)〜8月15日(火)
会期中休館日なし
時間
10時〜18時(入館は17時30分まで)
8月8日(火)は12時から、8月15日(火)は17時まで
会場
1階フリースペース
入場料

無料

主催
佐世保市博物館島瀬美術センター

開催中/開催予定はこちら


終了した特別展/企画展/収蔵品展


【企画展】

西本喜美子写真展

~もっと遊ぼかね!~

Instagramのフォロワー数約32万人!ユーモアあふれる自撮りが大人気の95歳現役フォトグラファー西本喜美子さんの写真展、長崎初開催!写真撮影OK!

 

自身で編集したデジタルアート作品や、自虐を交えたユニークな自撮り写真が注目され、その幅広い活動が多数のメディアで取り上げられ、話題となっているスーパーおばあちゃん。今年3月には、新しい書籍『94歳、自撮りおばあちゃん やりたい放題のひとり暮らし』を発売するなど、益々活躍されています。本展では、ユーモアあふれる自撮り写真と、知られざるイラスト作品を合わせて展示。若い世代からシニア層まで幅広く楽しめる写真展です。会場では、オリジナルグッズも販売予定!お楽しみに♪

 

 

西本喜美子さん プロフィール

●1928年生まれ。

●1946年に美容学校を卒業、美容院を開業。

●1950年に競輪選手に転身し1955年に引退、結婚。専業主婦として3人の子を育て上げる。

●1997年、72歳のときに、アートディレクターで写真家の長男。和民氏が、熊本県で写真教室「遊美塾」を開校すると、2000年に自身も入塾。カメラを始める。ユーモアあふれる自撮り写真が人気を呼び、2011年に熊本県立美術館分館で初個展を開催。

●2016年、88歳にして初写真集『ひとりじゃなかよ』(明日香新社)を出版。

●2017年に『エプソンイメージングギャラリー エプサイト』で開いた個展では17カ国のマスコミから取材を受け、世界中から注目を浴びる。

●2018年にInstagramを開始。フォロワー数は31万人を超える。

●2023年3月、『94歳、自撮りおばあちゃん やりたい放題のひとり暮らし』(宝島社)を出版。

 

入場料

当日券500円 (前受券の販売はありません)

※小学生以下、障害者手帳ご提示のご本人1名無料

 

 

トークショー

西本喜美子さんと優美塾代表・アートディレクターの西本和民さんを迎えトークショーを開催。会場では書籍の販売も行います。

7月15日(土)14:00開催。参加料無料。

会期
2023年7月15日(土)〜9月3日(日)
会期中休館日なし
時間
10時〜18時(入館は17時30分まで)
会場
4階展示室
入場料

<入場料>当日券500円 (前受券の販売はありません)

※小学生以下無料

※障害者手帳ご提示で、ご本人1名無料

チケット

セブンチケット、イープラス、ローソンチケットで販売

 

セブンチケット

  • URL:http://7ticket.jp/s/100891
    セブンコード:100-891
    セブン-イレブン店頭購入:マルチコピー機

  • イープラス

    https://eplus.jp/n-k-sasebo/
    ファミリーマート店舗購入:マルチコピー機

  • ローソンチケット

    URL:https://l-tike.com/nib/
    Lコード:84314
    ローソン店頭購入:Loppi

    ローソン店舗内 Loppiで購入いただくと手数料無料

関連リンク
主催
NIB長崎国際テレビ佐世保市博物館島瀬美術センター

開催中/開催予定はこちら


終了した特別展/企画展/収蔵品展


【企画展】

バイクのある風景展

毎年、バイクをモティーフに制作活動をしているバイカーたちからバイクのある写真、絵画などを公募して展示します。

会期中は作品の人気投票を行ない、上位者と、投票者した方の中から抽選で景品が当たるプレゼント企画も予定しています。

本展をご覧いただくことで、佐世保の風景の美しさやバイクの魅力を感じていただければ幸いです。

平成29年度から開催し、今回で6回目となる本展は、昨年度から写真に限らず、絵画、工芸などの作品を募集するなど「バイクのある風景展」に一新しました。“風景にとけこんだバイク”というテーマで特に、佐世保を中心とする風景をバックに、バイクの魅力が伝わる作品をご出品ください。

撮影者:加藤正和 撮影場所:ハウステンボス地区

 

作品の募集

テーマ 佐世保を中心とした風景にとけこんだバイク
応募形態

<写真部門>ワイド四つ切かA3サイズでプリントまたは出力可能なデータ(10MB以下) ※白枠つき 

<絵画部門>30号以下

<工芸部門>縦、横、高さの合計が180cm以下の立体作品、もしくは30号以下の平面作品

募集締切

<写真部門>令和6年2月22日(木) ※プリント持参は17時まで必着、データ送付は当日有効

<絵画部門、工芸部門、額装済みの写真作品> 2月25日(日)17時までに搬入。

ホテル日航ハウステンボス賞、AUTO SHOP KITAMURA賞、SBS諫早賞、チクバモータース賞、

HONDA Dream 佐賀賞、HONDA Dream 佐世保賞、しまび賞

賞選定 お客様による人気投票
応募資格 不問。未成年は親権者の同意が必要。
色彩、表現手法 自由(公序良俗に反しない範囲)
応募規定 1人3点まで応募可。応募者本人が撮影、製作した展覧会未発表の作品に限ります。他コンテストとの二重応募不可。原則として応募作品の返却不可。写真作品の場合、デジタル合成・変形など事実を改変する画像加工は認めません。光の軌跡を表現するインターバル撮影や比較明合成は認めます。また、可能な限り写真部門の作品は額装をした状態での出品のほどお願いします。
応募方法

<直接ご来館の場合>

作品、キャプション(タイトル、制作年(写真の場合は撮影日)、素材と技法(写真作品の場合は場所))、プロフィール(200字まで)、解説(200字)までを持参。

<メールの場合>

件名に「バイクのある風景展作品」と入力の上、作品データとキャプション(タイトル、撮影日、場所)、プロフィール(200字まで)、解説文(200字まで)を添付してメールで添付してメールを送信。メールアドレス shimabi@arkas.or.jp

選考方法 職員が厳正なる選定を行ないます。
選定発表 作品が選定されなかった場合、2月28日(水)18時までにご本人へ直接、通知します。
受賞発表 最終日の閉館後から翌日の18:00までにご本人と公式フェイスブックなどで発表します。
応募にあたって 肖像や著作物など他人が権利を有するものを利用した作品については事前に使用許諾承認を得てください。第三者から権利侵害や損害賠償などの苦情、請求、異議申し立てがあった場合、応募者がすべて対応し、主催者に一切迷惑をかけないものとします。募集要項に違反すると主催者が判断した場合、発表後でも受賞取り消しなどの措置をとることがあります。作品の取り扱いには細心の注意を払いますが、主催者の責めによらない作品の損傷、紛失については主催者は責任を負いません。
作品の使用

作品の著作権は応募者本人に帰属しますが、主催者は応募者の許諾を要することなく無償で利用できるものとします。また主催者は本展のために媒体への掲載、ウェブサイトでの閲覧、複製を第三者に再許諾することが出来るものとします。

 

会期
2024年2月29日(木)〜3月17日(日)
3月5日(火)、3月12日(火) 休館日
時間
10時〜18時(入館は17時30分まで)
会場
2階展示室
入場料

無料

主催
佐世保市博物館島瀬美術センター
協賛
ホテル日航ハウステンボスAUTO SHOP KITAMURASBS諫早チクバモータースHONDA Dream 佐賀HONDA Dream 佐世保

開催中/開催予定はこちら


終了した特別展/企画展/収蔵品展


【企画展】

旧海軍佐世保鎮守府凱旋記念館建設100周年記念日本遺産展

 本展は、佐世保市登録の日本遺産を市民へ周知するため佐世保市観光課と共催展示を行うものです。今年は佐世保鎮守府の構成施設である旧海軍佐世保鎮守府凱旋記念館(現 佐世保市民文化ホール)の建設100周年にあたるので、鎮守府関連の収蔵品で構成する展覧会を実施します。佐世保市の近代化遺産が有する歴史的価値を市民に向けて伝えるため、佐世保市内在住の写真家 中倉壮志朗氏が撮影した作品と当館収蔵の海軍関係資料の展示を通じて、佐世保鎮守府を中心とする佐世保近現代史の紹介を主題とする展示を行います。

会期
2023年9月23日(土)〜10月1日(日)
時間
10時〜18時(入館は17時30分まで)
会場
2階展示室
入場料

無料

主催
佐世保市博物館島瀬美術センター佐世保市観光課