【特別展】

平山郁夫展

―日本画で旅する道―

平山郁夫(1930-2009)

1930(昭和5)年、広島県瀬戸田町(現・尾道市)生まれ。東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科卒業。1998(平成10)年、文化勲章を受章。東京藝術大学長、ユネスコ親善大使・世界遺産担当特別顧問、東京国立博物館特任館長、文化財赤十字活動を提唱する文化財保護・芸術研究助成財団の理事長、日本育英会会長などをつとめた。

 

佐世保初となる、全作品が平山郁夫作品による展覧会を開催いたします。

平山郁夫は中学生の時広島で被爆し、生涯にわたり平和を祈る作品を描き続けてきました。今展では、”と“平和をテーマに、故郷しまなみ海道の風景をはじめ代表作であるシルクロード、その最終地点である古都を描いた作品など約90点をご覧いただきます。巨匠が描き続けた悠久の世界をご堪能ください。

また、会期中は多数のイベントを予定しております。その際は必ず入場券をお持ちいただきますようにお願いいたします。

 

平山郁夫展―日本画で旅する道― チラシ

↑こちらをクリック(タップ)でチラシ内容を確認できます

 

 【お問合せ先】

佐世保市博物館島瀬美術センター TEL0956-22-7213

会期
11月3日(木)〜12月25日(日)
開催期間中の休館日はありません
時間
10時〜18時(入館は17時30分まで)
会場
4階展示室、3階展示室、2階展示室、中2階ギャラリー
入場料

一般(高校生以上)前売券1000円 当日券1200

中学生 前売券600円 当日券800円 

小学生以下無料

障碍者手帳、療育手帳等をお持ちの方と同伴者1名無料

チケット

10月3日(月)から11月2日(水)まで、

前売券は、しまび1階事務室、アルカスSASEBO、チケットぴあ(Pコード686-253)、

ローソンチケット(Lコード81966)、イープラス(https://eplus.jp)で11月2日(水)まで販売中!

11月3日(木・祝)以降は当日券をしまびで販売。

主催
佐世保市博物館島瀬美術センター公益財団法人佐世保地域文化事業財団佐世保市
協賛
Galleryアリカ
共催
KTNテレビ長崎
協力
平山郁夫美術館平山郁夫シルクロード美術館十八親和銀行アートギャラリー
後援
佐世保市教育委員会佐世保市医師会佐世保三ケ町商店街振興組合させぼ四ケ町商店街協同組合佐世保観光料飲組合佐世保旅館ホテル協同組合西肥自動車松浦鉄道佐世保市タクシー協会佐世保市老人クラブ連合会国際ソロプチミスト佐世保長崎原爆被災者協議会長崎原爆遺族会長崎県被爆者手帳友の会長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会長崎被災協・被爆二世の会・長崎長崎被災協・被爆二世の会・諫早長崎平和推進協会長崎新聞社西日本新聞社朝日新聞社読売新聞西部本社毎日新聞社TVSテレビ佐世保FMさせぼ

\ スタッフコメント /

お客様に安心してご来館いただくための「新型コロナウイルス感染症」対策について

佐世保市博物館島瀬美術センターでは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、佐世保市など関係諸機関から最新の情報の収集に努めるとともに、感染予防・拡大防止のため、以下の対策を講じています。

館内出入口付近に検温器、消毒液を設置し、各洗面所には液体石けんを備え、お客様にご利用いただけるようご案内します。
館内のドア、手すり、エレベーター、トイレなど多くのお客様が手を触れられる箇所は、消毒液などによる清掃を強化しています。
スタッフはマスク着用のうえで案内いたします。また、こまめな手洗い、消毒液による手指の消毒を励行し、健康管理に努めます。
来館者同士の距離の確保へのご協力をお願いします。
エレベーターは込み合わないよう、4人を目安にご利用ください。

関連イベント

一覧にもどる